07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

支那そば きび 01:支那竹そば(醤油) 

2日目の昼食はこちら
研修会場から徒歩1~2分の好立地は事前に確認済み
0808きび01
ちょうど昼食時なので心配しましたが、店外待ちは発生しておらず、店内待ち数名
先にオーダーを済ませてから着席待ちになりました
メンマに惹かれてしまったので、オーダーは迷わずに「支那竹そば(醤油)」750円です

まずは着席と同時にお冷と御猪口が配膳されました
0808きび02
サービス品の「カリカリ梅」です
極普通のカリカリ梅ですが、「食前に1個、口直しに1個」食べるそうです
先に化調に慣らしておく意味が分かりません
そんなわけで結局最後にいただきました

そんなこんなで届いたのがこちら
0808きび03
『The☆支那そば』という感じのビジュアル
後からランチサービスの「おにぎり(俵型の炊き込みごはん)」も届きました

スープ
0808きび04
鶏&豚ガラが薫る滋味深いスープは非常にノスタルジック
店内の雰囲気もあって昭和の匂いがプンプンします
角のない醤油ダレと程好いアブラ感もまた良いではありませんか
おそらく「支那そば」と聞いてこの味を想像する人も多いのでは??


0808きび05
縮れの強い細麺はこれまたノスタです
「このスープならこの麺」と思わせること間違いないです
麺同士がくっついてしまっているのが残念ですが、実はそれも狙いだったりして??

チャーシュー
0808きび06
超柔らかで比較的薄めな味付けです

ワンタン皮
0808きび07
大きめでつるるんとした食感は食感のアクセントとして非常に存在感が強いです

トッピングしたメンマ支那竹はやや甘な味付け
柔らかくも程好い繊維質を保持しているのがまた他との相性も良いです
小松菜&ネギに関しても「然もありなん」というところでしょうか


味わうと心が温かくなるような一杯に感じました



・・・が、次から次へと繰り出される若い店員に対しての過剰なまでの檄が気になるところ
正直言ってちょっと気分を害しました
でも、実はこれもまた一種の雰囲気作りなのでしょうか??


東京都千代田区神田小川町1-7 神田小川町ハイツ108号
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/08 Thu. 11:56 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/112-c364fda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。