10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

麺&cafe Coi. Coi. 02:蛤鴨葱大盛り 

完全に限定メニュー目当ての訪問です
貴重な11時開店(&通し営業)のお店であるこちらへ
20150206coicoi01.jpg
今回は全く迷うことなく「蛤鴨葱」750円をオーダー
「大盛り」の無料サービスがあるので、お言葉に甘えました

そして届いたのがこちら
20150206coicoi02.jpg
鴨油とともに配膳
そして何故か恐縮中の店主・・・

理由はこれ!!
20150206coicoi03.jpg
「焼き葱」を忘れたそうで、後から別皿提供です
どうやら某氏と同じ状況のようです・・・

スープ
20150206coicoi04.jpg
アブラ投入前は貝ダシと魚介が薫る和の趣
しっかりと主張するダシ感とそれを引き立てる日本一醤油の競演が絶妙
香味油なしでこの味わいというのはポテンシャル高過ぎです
そして、これだけでも十分に美味いというのに、更なるお楽しみが待っているわけです

後半でアブラ投入
20150206coicoi05.jpg
どうやら具材である鴨コンフィに使用されたアブラを味変アイテムとして使用しているとのこと
これにより薫りと風味が格段にアップし、レンゲが口に届いた瞬間に思わず笑みがこぼれてしまったほど
プラスして焼き葱の風味がさらに別方向に振ってくれるという楽しさも
いっそのこと提供時の具材は蛤オンリーにして、他を別皿で楽しむというのも面白いかも知れないと感じてしまいます


20150206coicoi06.jpg
一見すると然程特徴を感じないストレートの細麺
その実は程好い歯応えと小麦の風味が感じられる秀逸な麺だったりします
増量サービスにより麺量もまずまず

蛤&鴨コンフィ
20150206coicoi07.jpg
なんとも贅沢な取り合わせ
しかも搭載量も大盤振る舞いと感じます
ゴロゴロと投入された殻付き蛤はダシがらではなく単独でも楽しめる状態
そしてやはり特筆すべきは鴨コンフィ!!
噛み締める度に中からほとばしる素材の旨味
ラーメンに載せて良い具材ではないように思えてしまいます


何はともあれ試して欲しい御馳走です
今後もますます期待したいと思います


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/06 Fri. 11:02 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/462-ec0227a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。