04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

おおぎやラーメン 前橋小島田店 02:豆乳ラーメン 

準夜勤終了後、毎度のようにあちらを目指すも、今回も間に合わず・・・
しかもライトは点いていて車も複数停まっているのに「営業中」の看板が出ていないという『ギリギリアウト』の状態
直ちに踵を返してこちらへ目的地変更です
20150402おおぎや01
「担々麺」に少々興味を魅かれましたが、意を決して前回スルーした「豆乳ラーメン」679円(メニュー上は税込680円の表記)に挑戦です

そして届いたのがこちら
20150402おおぎや02
清潔感が漂う純白の出で立ち

スープ
20150402おおぎや03
白さ際立つスープを一啜りすると・・・あれ?美味いじゃないの!!
ちょっと飛び道具的なものを想像していましたが、意外にも整った味のお出迎え
多少過剰気味なダシ感はまあ置いておくとして、豆乳のまろやかさが立っていて、それでいてクドさを感じさせない仕上がり
これまたマイルドな塩ダレも良い具合に働いて全体的に洋風の趣を醸し出し、結果的にはさらりとした感じのシチューという印象が近いかなと
炒め野菜からの味移りもまた美味さを引き立てる要素となっている様子


20150402おおぎや04
麺肌のつるりとした中太麺
他のメニューでも使用されているものと同様のものと思われますが、普段感じるネガな印象は皆無
何故ならば、このスープと合わせられることによりパスタ寄りの印象として認識されるからです
元々有しているモチモチ感も相まって脳内の洋食センサーを刺激してしまうようです

野菜類
20150402おおぎや05
白菜、人参、etc.が炒められた後にスープと合わせられているようで、程好くシャキシャキな食感を残しながらも調味料としての役割も見せているといったところ
少量の豚肉は味が半分味が抜けてしまっていますが・・・


そして気付けば・・・
20150402おおぎや06
深夜の時間帯に思わず完飲してしまったのです


侮り難しおおぎやの限定麺
この手の邂逅があるからやめられないんですよね~


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/02 Thu. 01:35 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/507-2845a1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。