05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

麺&cafe Coi. Coi. 03:汁なし担々麺 

再訪しようと思っていたところに絶妙なタイミングで限定麺のお知らせ到来
11時営業が嬉しいこちらで昼食です
20150406coicoi01.jpg
当初は「渡蟹」目当てでしたが、到着前にTwitterを確認するとなんと「汁なし担々麺」の文字が・・・
その時点で頭の中は担々麺一色に染まってしまったわけです
開店するや否や一択で「汁なし担々麺」800円の食券を購入です

そして届いたのがこちら
20150406coicoi02.jpg
相変わらず盛り付けセンス抜群です

しかもそれだけじゃないのがこのメニュー
20150406coicoi03.jpg
デフォルトで「温玉御飯」が付属してくるのです

スープ
20150406coicoi04.jpg
汁なしらしく丼の底に僅かに張られたスープは詳細不明ながら旨味凝縮な感じ

麺上には旨辛挽き肉&ゴマペースト
20150406coicoi05.jpg
両者を合わせることなく敢えて分別した状態で提供するのは悪戯心からでしょうか
辣油その他で和えられた挽き肉(&筍)は非常に味わい深く、味の決め手になっているようです
驚くべきは最終的に全てを混ぜ込んだ時点で辛味、甘味、旨味、塩味のどれもが決して突出することのないバランスを保っているということ
しかも無化調でここまでの味が出せるというのは驚愕に値すると言わざるを得ません


20150406coicoi06.jpg
非常に縮れの強い太麺
小麦の風味も十分ながら、それ以上に独特の食感が口の中を蹂躙しまくります
このようなタイプの麺を生み出せる店主はまさしく異端児だと思います
この時点でかなりな満足感を味わえますが、それで終わらないのがこのメニューの凄さ

麺が無くなった時点でライス&温玉投入
20150406coicoi07.jpg
辛味をまろやかにする温玉の存在感が素晴らしく、幸せを感じてしまうくらいに絶妙な組み合わせ
何となくアジアンテイストが強くなるので、いっそのこと『更なる+α』でそちらに振り切ってしまうのも良いかと思えてしまいました


嬉しい誤算により幸せに浸れる品と遭遇できました
次こそは蟹を求めて訪れたいと思うので、できれば開発の手を休めてもらいたいものです


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/06 Mon. 11:00 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/515-c1c8d77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。