05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

麺&cafe Coi. Coi. 04:赤城鳥と鰹の醤油チャーシュー麺 

当初予定していたお店にフラれ、目的地変更
それでも早めの行動だったため、シャッター前に到着
20150618coicoi01.jpg
本日の限定メニュー
20150618coicoi02.jpg
気まぐれ度高過ぎなので、看板またはTwitterで確認を
そんな中から「赤城鳥と鰹の醤油チャーシュー麺」880円に決定
券売機のボタンを押すと、見事に発券されず・・・

そして届いたのがこちら
20150618coicoi03.jpg
魅惑の別盛り

かけそば
20150618coicoi04.jpg
スープに自信がなければできないこのスタイル

スープ
20150618coicoi05.jpg
鰹が主役となっている和風仕立てのスープ
一瞬自分が食べているのは蕎麦なのではないかと疑ってしまうほどに和風を貫いています
やや主張の強い醤油ダレに負けることのないベーススープの力強さとバランスが絶妙
それでいて全くと言って良い程に雑味を感じさせないのが流石というものです


20150618coicoi06.jpg
縮れの強い中細麺
僅かにざらつきを感じる舌触りが心地好く、咀嚼すると小麦の風味が弾けるという二段構え
こちらの製麺技術はやはり独創的かつハイレベルのようです

具材
20150618coicoi07.jpg
別盛り提供の具材はチャーシュー、メンマ、三つ葉、ネギ、ゆで卵となかなかに豊富な取り合わせ
中でも特筆すべきはやはりチャーシュー
評判が良かったために「チャーシュー麺」にしてみたものの、明らかに想像を上回る秀逸さ
厚切りにスライスされ、表面を軽くソテーしてから提供される一手間も加わり、ほんのりとした温かさと芳醇な薫りとともに饗されます
甘めな味付けが施され、噛み締めると肉自体の旨味が迸って一体化するといった感じ
柔らか過ぎずに咀嚼感を残しているというのも個人的にはポイント高いです


シンプルながらも非常に手の込んだ御馳走といえる逸品
訪れる度に引き出しの多さに驚かされ続けています


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/18 Thu. 11:00 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/583-3d73b356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。