07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

らーめん我礫 03:酸辣湯麺大盛 

今回も息子とともに昼食
この後の予定を考慮して定期訪問店となったこちらへ
20150724我礫01
間もなく正午というタイミングで意外にも先客なし
メニュー数も多いので、テーブル席を確保してしばし思案・・・
そして決定したオーダーは気になっていた「酸辣湯麺」790円を「大盛」150円で
息子は「味噌チャーシューめん」990円&「ごはん」150円&「餃子」350円というまたしても完全なる食いしん坊メニュー

そして届いたのがこちら
20150724我礫02
・・・ん??
明らかに想定外のビジュアル

スープ
20150724我礫03
メニュー名から想像されるのは強い酸味の後から押し寄せる味蕾を覆い尽くさんばかりの辛さ
見た目の印象としても違うこのスープは、まず動物系によるダシ感が主張
続いて訪れるのは辣油由来の程好い辛さとマイルドな塩ダレの味わい
酸味は思ったよりも控えめでこれまで経験してきた同名のメニューとは少々異なる印象
軽めにとろみが加えられているというのが『それっぽさ』をアピールしているかのよう
想定していた味とは趣向が違うようですが、美味いか美味くないかで言えば『確実に美味い』のであって、おそらくはハマる味かと思われます


20150724我礫04
メニュー表によると「細麺」という設定ながら、実際の麺は軽い縮れの平打ち中細麺
熱々のスープに沈んでいるが故に多少のくたりは感じるものの、程好い咀嚼感はなかなかのもの
少々解れづらいのはやや難ありとは思えますが・・・

具材その①
20150724我礫05
味変アイテムとしての効果を発揮する卵黄
スープに溶け込ませることにより辛さがマイルドになるばかりでなく味わいにも変化を与えてくれるのがナイス
たっぷりのネギは臭みもほとんどなくて嬉しい限りです

具材その②
20150724我礫06
プリップリの海老がゴロゴロと
ふわっふわの卵白もたっぷり搭載で大活躍
この優しさとスープの辛さのコントラストがまた良い感じです
本気で卵白をONしたスープを啜り続けてしまいましたから・・・

珍しくオーダーしてみた「餃子」
20150724我礫07
青紫蘇入りで風味良く、ふわっとした肉とともに溢れるジューシーな肉汁
知らずに食べると戸惑ってしまいそうですが、これはこれで美味いと思います


予想外の展開に驚きを隠せないですが、最終的な感想としてはシンプルに『美味かった』という〆にしたいと思います
次回訪問時には息子に定食系メニューを試させたいところです


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/24 Fri. 11:55 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/622-bf9c7d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。