07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

朝三暮四羊頭狗肉

普通の人よりもちょっとだけラーメンが好きなジムクライマーが綴る四方山話です。他に何もすることがないという人だけお立ち寄りください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

中華料理 梅田飯店 01:ギョウザワンタンメン(帯麺) 

受診を終えてホッとした後は一路桐生まで走りました
目的地はなかなか訪れる機会のないこちら
20150904梅田飯店01
約7年ぶりの訪問のようです
どうしても途中で心理的に足止めされてしまいそうになる距離感なのを早い時間から行動することでカバー
実は代替の効かない稀有なお店だったりします

メニュー
20150904梅田飯店02
梅田飯店と言えばやはり『帯麺』が売り!!
珍しいこのスタイルもこちらが元祖とのこと
それだけに留まらず、結構変わりメニューが多いといのも特徴
さらには『どのメニューも帯麺に変更できる』ようなので、プラストッピングでカスタマイズもし放題!!
そんなわけで変わりメニューの一つ「ギョウザワンタンメン」750円(税込810円)を「帯麺」100円にカスタマイズ
ラーパス提示で50円OFFになるので、最終的な価格は860円になりました
ランチタイムは「大盛り」無料とのことですが、諸事情のため辞退いたしました・・・

そして届いたのがこちら
20150904梅田飯店03
滲み出るオリジナリティー

スープ
20150904梅田飯店04
中華料理店の名に相応しい鶏ガラベースのオーソドックスなスタイル
程好いダシ感に尖りの少ない醤油ダレがしっかりと調和
香味油の効果もあり、昔ながらのラーメンといった味わいを形成しています


20150904梅田飯店05
主役の一つである『帯麺』
3cm以上と非常に幅広く、かつかなりの薄さとなっている『まさに帯』といった雰囲気
独特の形状によりもたらされる食感もまた非常に個性的
ゆるゆるとした食感なのにしっかりとしたコシを感じ、表面のざらりとした舌触りがまた心地好い
この感覚を味わえるのなら、わざわざこちらまで足を運ぶ価値があるというもの

チャーシュー&ギョウザワンタン
20150904梅田飯店06
箸で掴んだ途端に崩壊したトロホロなチャーシュー
仄かに馨しさを感じる独特の味わいは煮込みに秘密がありそう
そしてもう一つの主役である「ギョウザワンタン」がたっぷり
これでもかというくらいに大量に投入されています
その名の通りワンタンの皮で餃子のタネを包んだ個性的な具材です
ニラたっぷりの野菜オンリーなヘルシー仕様で、ニンニクは使用されていないのか後味は然程気にならない感じ
薄めの皮は滑らかな舌触りでこれまた好印象
難点は帯麺と食感が似通っているということでしょうか・・・


非常に珍しい麺と具材の組み合わせは唯一無二の逸品
豊富なメニュー構成に加えてさらに限定メニューも展開しているようなので、機会を作って再訪したいところです


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/04 Fri. 11:00 [edit]

thread: ラーメン

janre グルメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gymclimber.blog.fc2.com/tb.php/670-fe1f6e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Self-introduction

News

Comments

Trackbacks

Calendar

Categories

Archives

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。